忍者ブログ

eremo phila nivea

(砂漠に咲く花)If you can dream it, you can do it.

2018/02    01« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  »03
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土曜日にゆーじんと飲みに行きやした^^

おごりということでヨーグルト酒やら、カシグレやら、生やら沢山、飲み食いしましたっ!!!

思ったけど、金額気にせず、飲めるのは幸せだし、タダ酒はすんごく、旨いねwww

ありがとう、御馳走様でした!!!!!

あ、ここから、ちょっと、ユミクリ妄想でwww





拍手[2回]

なんかなんか、ユミルはお酒強そうに見えるけど、一杯飲むか飲まないかで酔いつぶれたりしたら、可愛いかもしれない・・・

で、クリスタさんは弱そうに見えるけど、逆に強かったら萌える。

むしろ、お酒を飲むと大胆になるとか、美味しい←

ユミルは顔真っ赤にして、テーブルに突っ伏してて、「うー・・・吐く」とかたまに呟けばいいと思う!←

弱ってるユミルを見て、最初は心配してるんだけど、お酒を飲んでるうちに弱々しいユミルに欲情すればいいよ!

「ユミル・・・・」

名前を呼ばれて、私は顔をゆっくり、上げる。

目の前にはクリスタがいて、お酒のせいか目が少し、潤んでいるように見えた。

「あ?きもちわりぃんだ・・・・悪いけど・・・・」

勝手に飲んでろや、そう、言おうとした、でも・・・・言えなかった。

あしらう様に乱暴な言葉を吐きかけた私の唇は、前のめりになったクリスタのそれに塞がれる。

突然の事に身体が硬直し、動きが鈍る。

しかも、唇は開いたままで、当然の如く、熱を帯びた彼女の舌がするりと侵入するのだった。

くそっ・・・身体に力がはいんねぇ・・・・

本来ならば、どうにか出来るはずなのに、アルコールが私の伝達を鈍らせる。

「んっ・・・・ふっ・・・・」

クリスタに両手で顔を押さえられ、強引にされる。

逃げようと、もがくもそこに意味は無かった。

誘うように自らの舌に絡み付き、また、離れ、誘う。

私を押さえている両手は熱に融け、私の髪を湿らす。

くっ、ふざけんなよっ・・・・・私より、よえぇくせに・・・・

咄嗟にクリスタのそれを歯で強く、噛む。

彼女は感電したかのように私からさっと、離れ、口を右手で押さえている。

痛みで目が覚めたらしく、いつものようにおどおどしている。

「てめー・・・・まじ、ふさけんなよっ・・・・」

肩で息をしながら、私はクリスタを睨みつける。

すると、彼女は「だって、ユミル・・・すんごく、可愛いんだもん・・・」と小さく、呟いた。


FInですよ、奥さんっ!!!!

オチ?なにそれ、美味しいの?←

ごめん、ただ、酔っぱらいはジャスティス!!!って叫びたかったんです←

もっと、エロ希望なら、書きます! でも、ネタください←













PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新コメント

プロフィール

HN:
佐藤
年齢:
29
性別:
女性
誕生日:
1988/12/30
職業:
OL
趣味:
旅行etc
自己紹介:
百合センサー持ってますwww

最近はジョジョ、進撃の巨人寄りです^^ 進撃の百合推奨サイトとなってます!

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- eremo phila nivea --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]